ニキビの予防やケアは生活習慣を見直すことも大事!
おすすめ商品

ニキビの予防やケアは生活習慣を見直すことも大事!

ニキビが出来てからの対策も必要ですが、ニキビにならないための対策も必要ですよね。対策は日々のスキンケアだけではなく、生活習慣の見直しで予防することもできます。今回はどんな生活習慣がニキビ予防に良いのかご紹介します。

食生活から見直すニキビ予防法

食生活から見直すニキビ予防法

食生活の見直しと聞くと、カロリーを気にしすぎて肉や卵を控えてしまう方も多いですが、肉類や卵・乳製品などには、コラーゲンを生み、新陳代謝を促進するたんぱく質が入っているので、適度な摂取は必要です。
食事を気をつける上でカロリーはもちろん大事ですが、どれだけ栄養を食事から補うかも考えて、 全体的なバランスを意識した食事も心がけましょう!

質の良い睡眠と適度なリフレッシュを

質の良い睡眠と適度なリフレッシュを

ホルモンバランスの乱れは、思春期特有もありますが大人ニキビの場合だと、ストレスや睡眠不足によってホルモンバランスが乱れる場合があります。
また、毎日よく寝ているのに眠くて仕方ない方も良質な睡眠が取れていない可能性があります。
睡眠は、寝不足もそうですが「質」が何より大事と言われています。そのためニキビ予防だけではなく、 美容のためにも質の良い睡眠を取るようにしましょう!
良質な睡眠を取るためには、以下のやり方をぜひ試してみてください!

寝る1時間前には電気を消す、スマホを見ない

ギリギリまで寝る部屋が明るいと、脳が覚醒したままになるので、中々睡眠できなくなり、体内時計が乱れる恐れがあります。
寝る1時間前は、間接照明でもいいので出来る限り暗くして徐々に電気を消すようにしましょう!
また、スマホも目が冴えるしまう原因になるので、同じく寝る1時間前には使用しないようにしましょう。

睡眠時はゆったりとした吸収性のある服装で寝る

就寝時は、汗をかくので汗を良く吸い取りやすい吸収性の高い素材で、締め付けのない服装がおすすめです。ピッタリしたものだと寝苦しさを感じ、睡眠が浅くなってしまいます。

食事はアルコールは早めに

帰宅時間が遅くてご飯が遅くなる時ってありますよね。ただ寝る時間ギリギリにご飯を食べてしまうと、いくら眠りについたとしても摂取したものを消化するために胃や腸が活発に動いてしまい、熟睡出来なくなってしまいます。
またアルコールを摂取することで、中途覚醒と利尿作用の影響で夜中に何度も起きてしまうことも。
睡眠の質をよくするためには、 睡眠時間の2~3時間前には食事やアルコールは済ませるようにしましょう。また帰宅時間が遅くなってどうしてもお腹がすいている時は、消化のいいうどんを食べるかホットミルクもおすすめです。

普段肌に触れるものもニキビ予防に

普段肌に触れるものもニキビ予防に

シーツや枕カバー

就寝時に肌に触れるものとして、シーツや枕カバーが当てはまります。毎日洗濯出来ないからこそ、見えない雑菌が隠れていることも。
基本的には、 シーツは週に1回・枕カバーは毎日洗濯、もしくは交換するようにしましょう。枕カバーが毎日難しい場合には、枕の上にタオルをしいて、タオルを毎日変えるようにするのもおすすめです!

メイクに使用するスポンジやブラシ

メイクで使用するスポンジやパフ・ブラシはどうしてますか?ファンデーションやチークなどの汚れが付いたままだとそこから雑菌が増えることもあります。そんな雑菌が付いたまま使用してしまうと結果として新たにニキビが出来る可能性もあります。
最低でも週に1回は洗うようにするなど清潔に保てるようにしましょう。また洗うのが面倒な人は、パフは使い捨てのものを使うなどもおすすめです。