洗顔方法をマスターしてニキビを撃退!
おすすめ商品

洗顔方法をマスターしてニキビを撃退!

ニキビの予防や改善に必要な洗顔。間違った洗顔方法をすると、乾燥肌や敏感肌に繋がるだけではなく、よりニキビが増える可能性もあります。正しい洗顔方法を知って、ニキビが出来にくい肌をつくりましょう!

ニキビと洗顔の関係性とは?

ニキビと洗顔の関係性とは?

ニキビは、毛穴に詰まった皮脂の影響でアクネ菌が繁殖することによって引き起こされる症状です。そのため、ニキビのない肌を目指すには、常に清潔な肌を保つことが重要です。
キレイに保つためには、日頃から余分な皮脂や角質を除去し、毛穴をキレイにするよう洗顔がカギとなります。
ただし、ニキビには洗顔がカギだからこそ、毎日何回も洗顔をしていいわけではありまん。皮脂が原因でニキビは出来てしまいますが、皮脂全てが不必要ではありません。皮脂は肌の保湿を閉じ込める役割もあるので、必要な皮脂は残す必要があります。 毎日何回も洗顔することで大事な皮脂まで剥がれ落ち、乾燥の原因となります
このように、洗顔もただやればいい、たくさんやればいいではなく、正しいやり方をやるからこそ、キレイな肌に繋がるのです。

正しい洗顔方法をご紹介!

1.手を洗う

1.手を洗う

意外とやっていない人も多いのではないでしょうか。普段色んなものに手を触れる機会が多いと思います。その際に手には、様々な雑菌が付着しています。そんな雑菌だらけの手で洗顔をするとアクネ菌が増殖しやすくなる可能性もあるため、まずは洗顔前にしっかり手を洗いましょう!

2.顔を洗う

2.顔を洗う

洗顔料を付ける前に、ぬるま湯で顔を軽く洗います。これによって、洗顔する前に落とせる汚れを先に落とすことができ、洗顔でぬるま湯洗いで落とせなかった頑固な汚れを落としやすくなります。
また、この時熱いお湯や冷たい水は乾燥の原因にも繋がるので、逆効果です。最適温度は 32℃~34℃。人肌程度の温度で洗うようにしましょう。
ぬるま湯で洗う以外にも、蒸しタオルも効果的です。蒸しタオルによって、毛穴が開きやすくなるため、より汚れが落としやすくなりますよ。

3.泡立てネットで泡立てる

3.泡立てネットで泡立てる

洗顔には、「泡」が大事です。よく泡立てる際に手で泡立てる人も多いと思いますが、手だけでは泡立ちが悪くないですか?ニキビは刺激に特に弱いので、しっかり泡立てるためにも、面倒かもしれませんが泡立てネットを使うようにしましょう!

4.手で触れないように優しく洗う

4.手で触れないように優しく洗う

しっかり泡立てたら、いよいよ洗顔です!ここで注意するのが「ゴシゴシ洗わないこと」。先程もお伝えしましたが、ニキビは刺激に弱いので手で洗うのではなく、泡で洗うことを意識しましょう。
また、泡だけでは汚れが落ちるのか不安でしょうが、力を入れて洗うことで必要な皮脂まで洗い落としてしまう場合があり、結果乾燥肌になったり、肌が「 皮脂が足りない」と思い込み反対に皮脂が増えてしまう可能性があります。

5.洗顔料を付けたままにしない

洗顔料は、パックではありません。ニキビが出来ている人の肌はすごく敏感で弱っている状態です。そんな肌に洗浄剤を付けたままにすることで、必要な皮脂まで洗い落としてしまう可能性があります。

6.ぬるま湯でしっかりすすぐ

5.洗顔料を付けたままにしない

洗い流す時も、最初のぬるま湯洗顔同様、32℃~34℃ぐらいの温度でしっかりすすぎます。洗顔料が肌に残ると肌トラブルにも繋がりますので、最低でも20回以上はすすぐようにしてください。

7.清潔なタオルで押さえるように

6.ぬるま湯でしっかりすすぐ

すすいだ後は、キレイなタオルに押さえるように水分と取ります。この時、ゴシゴシ拭き上げると肌に刺激を与えるようになるため、優しく押して水分を取るようにしましょう。

8.洗顔後はすぐに保湿

7.清潔なタオルで押さえるように

洗顔後は乾燥しやすくなるため、水分が乾いてしまう3分以内に化粧水や美容液などで保湿をするようにしましょう。
この時 思春期ニキビの方は、ある程度肌に水分量があるため、しっとりタイプよりもさっぱりタイプがおすすめです!