思春期ニキビの出来る原因
おすすめ商品

思春期ニキビの出来る原因

中高生で多くの方が悩まれる「ニキビ」。思春期になるとポツポツ出てくることで周りの目が気になったりしますよね。そんな思春期ニキビの原因は皮脂分泌の活発。他にもストレスなども関係しているとか。思春期ニキビの原因を深く探りましょう!

思春期は皮脂の分泌が活発だからこそニキビが出来てしまう!

思春期は皮脂の分泌が活発だからこそニキビが出来てしまう!

ホルモンバランスの変化によって思春期と言われる10代から20歳くらいまでに出来るニキビを「思春期ニキビ」と言います。思春期ニキビは、おでこやTゾーン・頬に出来ることが多いです。また、20歳以降にできるニキビを「大人ニキビ」といい、思春期に出来るニキビとは場所や原因も異なります。
思春期の頃はホルモンバランスの崩れやストレスなどが原因によって、毛穴の奥にある皮脂腺から皮脂がたくさん分泌されます。
この皮脂が毛穴に溜まることによって、元々誰しもが持っている肌の常在菌である「アクネ菌」が皮脂を餌にして増殖します。結果毛穴の周りに炎症が起こるのです。
ニキビは恥ずかしい、嫌だなって思われる方が多いと思いますが、成長すると身長が伸びたり、髭が生えたりするようにカラダの成長には起こりうることです。したがって思春期には、誰しもがニキビに出来やすいのです。

思春期ニキビの原因である「皮脂」はなぜ増えるの?

先程もお伝えしたように、思春期に皮脂が増えてしまう原因はホルモンバランスの崩れが一番と言われています。
思春期ニキビはもちろん男の子・女の子ともに出来ますが、ニキビの原因を生むホルモンは異なります。

  • 男の子の場合…男性ホルモン(アンドロゲン)
  • 女の子の場合…女性ホルモン(黄体ホルモン)

それぞれのホルモンが原因となって肌の皮脂を過剰分泌し、アクネ菌が増えてニキビとなります。また思春期の男の子の場合は、毛穴の成長が皮脂の分泌量に追いつかない場合もあり、その際には毛穴が詰まりやすくなってニキビが出来やすいとも言われています。
それ以外で皮脂が増える原因として、生活習慣や環境も大きく関係します。10代は多感な時期なので、学校の対人関係や勉強などでストレスを抱えてしまうだけではなく、外に行くことも増えることによって紫外線の影響が受けやすくなったり、お菓子やカップラーメンなど偏った食事や夜更かしだったりと、ストレスや生活習慣の乱れによってニキビに繋がる可能性もあります

思春期もお肌が乾燥することも!乾燥によるニキビの原因

思春期もお肌が乾燥することも!乾燥によるニキビの原因

思春期の時期で乾燥肌の場合、ニキビは皮脂が関係しているから油分が少ない私には関係ないと思ってる方もいるかもしれません。
しかし乾燥肌の場合、毛穴が弱ってしまっているため、皮脂が出てこず、また乾燥によってバリア機能が失われているため、皮膚にホコリた汚れが付着することで毛穴に詰まってしまい、ニキビに繋がることがあります。
と、いっても思春期は大人の肌に比べ水分量は多いので、思春期で乾燥肌の人は、しっとり保湿させるのではなく、さっぱり系のスキンケアがおすすめです。