大人ニキビと吹き出物って何が違うの?
おすすめ商品

大人ニキビと吹き出物って何が違うの?

最近よく耳にする「大人ニキビ」。20歳を超えると言われる吹き出物との違いは何でしょうか。思春期ニキビの症状とは異なる大人ニキビになる原因も合わせてご紹介します。ニキビは原因に合わせて改善することが大切です。

大人ニキビと吹き出物は同じこと!?

大人ニキビと吹き出物は同じこと!?

「もうニキビじゃなくて吹き出物だよ」って言われてちょっとムッとした経験はないですか?なんだか「もう若くないから」って言われているみたいで、落ち込んでしましますよね。
ニキビ=10代、吹き出物=20代以降とイメージされている方も多いと思いますが、その中で最近「大人ニキビ」ってワードもよく耳にしますよね。吹き出物と大人ニキビで違いがあるように見えますが、実は 吹き出物も大人ニキビも同じことなのです。
「大人ニキビ」という言葉自体は昔からあったようですが、「思春期ニキビ」「大人ニキビ」と区別が分かりやすく最近では言葉が定着しつつあります。

吹き出物と言われるラインはどこ?

思春期ニキビは、主にホルモンバランスの乱れによってニキビができてしまうもの。ホルモンバランスは成長とともに20歳を目安に落ち着いてくるとも言われています。
なので、20歳以上でニキビが出来る原因は、思春期特有のホルモンの影響だけではなく、別の原因も考えられやすくなります。
このことから、吹き出物のラインは、 20歳以降を指します。

大人ニキビの原因とは?

大人ニキビの原因とは?

過剰な皮脂分泌

思春期はホルモンバランスの乱れによって、皮脂が過剰に分泌しニキビが出来てしまいますが、大人になっても食生活の乱れやストレス、睡眠不足によってホルモンバランスが乱れ、30代で皮脂の分泌量が増えることもあります。

乾燥が大人ニキビの原因!?

思春期ニキビは、皮脂が活発に分泌されていましたが、吹き出物=大人ニキビになると、乾燥肌が原因でニキビになる場合があります。
乾燥肌とニキビとの関連が分かりづらいかと思いますが、思春期ニキビのときは過剰分泌した皮脂が毛穴に詰まることによってニキビが出来ますが、大人ニキビは反対に、 肌が乾燥することで、毛穴が固くなりニキビが出来てしまいます。
大人は思春期と違って、水分量が違うためより肌は乾燥しやすくなります。そのため、日頃の洗顔はニキビケアだけではなく、乾燥対策を含めたスキンケアを心がけるようにしましょう。
また洗顔後は、化粧水や美容液などでしっかり保湿をしていきましょう。