洗顔フォームは何で選ぶ?ニキビにあった洗顔フォームの種類とは?
おすすめ商品

洗顔フォームは何で選ぶ?ニキビにあった洗顔フォームの種類とは?

ニキビ予防と改善の要となる洗顔フォーム。肌質は人それぞれだからこそ、洗顔フォームも一人ひとり相性が変わります。そこで今回、改めて洗顔フォームの種類や特徴を理解して、ニキビに合った洗顔フォームを選びましょう!

洗顔フォームってどんな種類があるの?

一般的に洗顔料には、5種類の種類があります。

  • クリームタイプのフォーム
  • 固形石鹸
  • ジェル
  • パウダー
  • スクラブ

クリームタイプのフォーム

クリームタイプのフォーム

ドラッグストア等で見かけることが多いのではないでしょうか。出てきたクリームをしっかり泡立てて使うものですよね。特にニキビを治すためには、しっかり泡立てることが大切なので、泡立てネットの使用をおすすめします。
多くのメーカーで出されているタイプなので、乾燥肌や敏感肌など、肌質にあった洗顔フォームが選びやすい点だと思います。

固形石鹸

固形石鹸

歴史が古いタイプなので、洗顔フォームに続いて種類は多いと思います。石鹸は脂肪酸と油分が原料であり、アルカリ性というのが大きな特徴です。
アルカリ性と聞くと、肌との相性は悪いんじゃないかと思う方も多いでしょう。しかし、アルカリ性の石鹸は、肌によくないと言われる界面活性剤を肌に残すリスクが低いとも言われています。
また安価な石鹸には、界面活性剤が含んでる場合がありますが、ちゃんとした石鹸はそもそも界面活性剤を含んでいないため、肌への影響も少なくなります。
ただ、石鹸は他の洗顔料とは異なり、洗浄力が高いため使用後にヒリヒリしたり、かゆみが出る場合がありますので、敏感肌の場合は注意して使用しましょう。

ジェル

ジェル

水分量が高い分滑るように馴染みやすいジェル。マッサージしながら使えるタイプもあり、比較的洗い上がりはさっぱりとしているため、メンズ用でも良く見かけタイプです。
もちろん泡立ててから洗顔してくださいね。ジェルは洗浄力が高いものも多いので、敏感肌の方は使用頻度を考えながら使ってもらった方がいいかもしれません。

パウダー

パウダー

水分量が唯一ない洗顔料ですが、使用方法は商品によってそれぞれ異なるので、詳しくは使用方法をよく見て使ってください。
また泡立ての際は、パウダーが残ってしまったまま洗顔してしまう可能性もあるため、粉残りがないようにしっかり泡立てるようにしてください。

スクラブ

スクラブ

普通の洗顔料に細かい粒子が入った洗顔料がスクラブ洗顔です。小さな粒子が古くなった角質をとったり、毛穴の汚れをすっきりしてくれます。
一方で洗浄力強く、粒子によって必要な潤いまで逃すリスクもあり、その分肌への負担もある可能性があります。このため、スクラブ洗顔は毎日使用する洗顔には適していないとも言われます。
スクラブ洗顔を使用した場合は、洗顔後しっかり保湿することをおすすめします。

ニキビ予防にあった洗顔フォームの成分とは?

白ニキビ

白ニキビは比較的初期段階のニキビです。
そもそも初期段階のニキビは、まだ炎症はしておらず、毛穴に皮脂や角質が詰まってる状態のため、皮脂や角質を落とす成分がおすすめです。

おすすめ成分

サリチル酸
肌の雑菌の繁殖を防ぐ、殺菌防腐作用と角質を柔軟にする働きがある「角質溶解作用」があります
グリコール酸
りんごやぶどうなどの果物から抽出された成分で、古い角質を剥がして新しくキメの整った角質層を生成します

赤ニキビ

先程の白ニキビとは異なり、炎症が起きて赤くなっているため、皮脂が大好きな「アクネ菌」だけではなく、「炎症」も抑える必要があります。

おすすめ成分

ハトムギ
余分な水分や老廃物を排出する作用があるため、ニキビの膿の排出や炎症をおさえます
アロエ
殺菌・抗炎症作用を持っているため、赤ニキビを鎮め、ニキビ跡を目立たなくする役割があります
イソプロピルメチルフェノール
殺菌作用があるため、アクネ菌を殺菌する効果が期待できます
イオウ
角質軟化成分のため、詰まった毛穴を開き余分な皮脂を吸収する役割があります

黒ニキビ

黒ニキビは、白ニキビと同様炎症前ニキビですが、皮脂や角質の蓄積によって毛穴から盛り上がった皮脂や角質が酸化して黒ずんだ状態です。
おすすめの成分は、白ニキビ同様 「サリチル酸」や「グリコール酸」ですが、プラスして開いた毛穴を引き締めるために「ビタミンC誘導体」や「ハマメリスエキス」「アラントイン」などが配合された化粧水も合わせて使用するのもおすすめです。