ニキビ跡の種類と原因とは?
おすすめ商品

ニキビ跡の種類と原因とは?

ニキビより悩んでいる方も多いと言われているニキビ跡。炎症によって引き起こすため、一度出来てしまうと完全に治すには時間がかかる場合も。今回はそんなニキビ跡の原因や種類を知って、早めの予防と改善方法を見つけましょう!

なぜニキビ跡が残ってしまうのだろう?

なぜニキビ跡が残ってしまうのだろう?

ひどい炎症

通常ニキビというものは、皮脂が毛穴に詰まることでアクネ菌が増殖してしまい、肌が炎症を起こしてしまう状態になることです。
しかし、白ニキビや黒ニキビはまだ初期症状のニキビのため、「炎症」は起こしていません。実際に炎症を起こしているニキビというのが、赤ニキビや膿のある黃ニキビと言われるものになります。この赤ニキビや黃ニキビがひどい症状になることで、ニキビ跡に繋がります。

自分でニキビを潰す

自分でニキビを潰すことで、潰す時に触れた手に細菌が入っていることで皮膚組織の中に細菌が入ってしまって、炎症が悪化し、結果ニキビ跡が残ってしまう原因となります。
炎症していない白ニキビや黒ニキビなどでも、このように細菌が入ってしまうことで、炎症し赤ニキビや黃ニキビ化となってしまう場合もあります。
ニキビは少しの衝撃によって炎症を引き起こす可能性もあるので、ニキビが出来たらなるだけ触れずに、どうしてもニキビを潰したい場合は、皮膚科など医療機関に相談してみてください。

ニキビが出来る仕組み

ニキビが出来る仕組み

ニキビが出来る最大の原因は、毛穴に詰まった皮脂や古い角質。通常肌が健康な場合は、皮脂は毛穴を通って肌表面に出て、肌の潤いを保つためにベールのような働きを行ないます。
ところが、様々な原因によって、皮脂が過剰に分泌したり、古い角質で毛穴を詰まらせてしまうと本来排出されるはずの皮脂が毛穴の中に閉じ込められ、それがどんどん溜まることで、皮脂が大好きなアクネ菌や細菌の温床になることで、ニキビになります。

ニキビ跡ってどんな種類ある?

赤みタイプ

ニキビが出来る仕組み

赤ニキビや黄ニキビなど炎症を起こしたニキビで損傷してしまった傷跡を治すために、集まった毛細血管のうっ血による赤から紫色のような変色によるニキビ跡です。

色素沈着タイプ

ニキビが出来る仕組み

ニキビ跡が茶色や黒色のシミのように残っている状態。この原因はメラニンとも言われています。ニキビの炎症によって、皮膚組織を守るためにメラニンが発生し、結果色素沈着してシミとなってしまいます。

クレータータイプ

ニキビが出来る仕組み

凹凸したクレーターのようなニキビ跡は、ニキビの炎症が皮膚表面だけではなく、肌内部までに及んでいることからコラーゲン組織が破壊されてしまったことが原因です。

ニキビより治すのが難しいニキビ跡の改善方法

赤みタイプ

赤ニキビは、色素沈着やクレーターのようなボコボコ肌に比べて、軽度のものになります。ただし、この赤ニキビ対処が遅れれば遅れるほど、色素沈着やクレーターにも繋がる可能性があるので、早めのケアが大切です。
基本的に赤みのケアには、炎症を抑えるようビタミンCを積極的に摂取するようにしましょう!

色素沈着タイプ

シミになってしまった色素沈着タイプは、美白効果の高い化粧水などでケアすることで、メラニン色素を薄くし、肌のターンオーバーを促す効果があります。

クレータータイプ

一番厄介なのが、クレータータイプ。コラーゲンが破壊されてしまった為、陥没したような状態になっています。改善方法としてはコラーゲンを増やすよう、日々コラーゲンを生成する効果のある成分を摂取することが大切です。

コラーゲンの生成を増やす効果のある成分

  • ビタミンC誘導体
  • プラセンタ
  • グリコール酸
  • レチノール(ビタミンA)

など